産業カウンセラー資格の取得から求人まで

産業カウンセラーに関する様々な情報を集めたサイトです。

カウンセラー資格を活かせるボランティア一覧

カウンセリングに関わる資格を取得したからといって、必ずしもみんなが「仕事として資格を活かしたい」と考えているわけではないでしょう。なかには、ボランティアとしてカウンセリングやメンタルヘルス対策に関わりたいと考える方もいらっしゃるはずです。

 

また、カウンセリング資格の中には“一定年数以上の職務(社会)経験を持っていること”を受験資格として挙げているものもありますが、その職務経験はボランティアでも良い場合があるということはご存じでしたでしょうか(資格によりますので、ご確認ください)。

 

そうした意味で、自身のキャリアアップにボランティアに携わりたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、メンタルヘルス相談などに関わることのできる全国的な活動を行っているボランティアを『心をケアする仕事がしたい! (言視BOOKS)』の中からピックアップし、簡単にご説明したいと思います。

 

メンタルヘルスに関わるボランティアはここに挙げるもの以外にも地域ごとに膨大にあるので、関心のある方は調べてみるとよいでしょう。

 

1. 「いのちのでんわ」相談員

メンタルヘルスに関わるボランティアとしては最も有名な活動ではないでしょうか。日本の自殺防止活動と言えば、まずここが挙げられると思います。電話やインターネットを通して、傾聴の姿勢を持って相談者の相談に耳を傾けることが求められます。書類選考や面接、適性検査などを通過し、研修を経た後でなることができます。

 

東京都の例: 相談員募集 | 東京いのちの電話

 

2. 認知症サポーター/キャラバン・メイト

2015年現在、日本は高齢者の割合が21%を超えた超高齢社会です。認知症は今後も対処が必要な障害の1つとしてより重要度を増していきます。そんな中、全国の自治体では、認知症の人やその家族をサポートする存在を養成しています。

 

認知症サポーターもキャラバン・メイトも特定の養成講座を修了することでなることができます。

 

認知症サポーターキャラバン

 

3. レジリエンス★こころのcare講座のファシリテーター

回復そのものよりは、さらに健康な状態に持っていくため、あるいは再発を防ぐため「レジリエンス」を高めることを目的とした活動を行う団体です。企画講座や研修を主にしています。ファシリテーター養成講座を修了することで、なることができます。

 

NPO法人レジリエンス

 

4. フリースクールスタッフ

学校に行けない子どもたちの受け皿となっているのがフリースクールです。フリースクールは全国に広がっており、大小さまざまな施設が日本にはあります。スタッフ自体は誰でもなることはできますが、フリースクール自体に興味があるという方は養成講座に通うこともできます。

 

フリースクールスタッフ「養成・研修」講座 | フリースクール全国ネットワーク

 

どんなボランティアで働くか?

メンタルヘルス対策に関わるといっても、その対象は様々です。いのちのでんわのように、悩みの内容を指定せず、どんな悩みでも受け付けるボランティアもあれば、フリースクールや認知症、あるいは自死遺族の悩みなど、特定の問題を対象としたボランティアもあります。

 

有償の仕事として相談を受けたり援助を行うカウンセラーとは違い、無償のボランティアだからこそ、何のために働くのか、どんな人を援助したいと願うのかをはっきりさせる必要があるのかもしれません。

 

自分の地域のボランティアを探したいという方は、Yahoo!ボランティア日本赤十字社のボランティアボランティアプラットフォームなどで探してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、メンタルヘルス対策のボランティアスタッフには何が求められるのかの要項などは以下の本に詳しいので、スタッフとして働きたいと考えている方はぜひ一読をお勧めします。

 

心をケアする仕事がしたい!  (言視BOOKS)

心をケアする仕事がしたい! (言視BOOKS)